手仕事から生まれるゆっくりとした時間を過ごす生活を、ハンドメイドや料理などと共に紹介。
都会の片隅で出来る、簡単スローライフ。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< おうちでカフェ風〜アボカドシュリンプのランチプレート | main | 組ひもの糸巻きに使えるもの >>
ミニアイロン台

ミニアイロン台

最近作業の時間がまとめて取れないので、リビングの片隅で家事の合間にちょこちょこ作りたいと思っていたのですが、よく考えると手縫いでもアイロンが必須。

でも大々的に広げられないので小さいものが欲しい。

そんな理由で手のひらサイズのミニアイロン をお買い上げです。

さてこれでちょっとしたポーチくらいは作れる。そう思って気がつきました。

アイロン台が……ない!

普通のアイロンかけのものはあるのですが、ちょっとダイニングテーブルに置いて使うような小さいものが欲しい。

小さいものは百均にあるだろうかと数店巡りましたが全滅です。

アイロンって最近使う方減ったんでしょうか。考えてみればシャツも形状記憶のものも多いし、ハンカチはタオルハンカチも多いです。

売ってないなら作るしかない。そんな気持ちで調べたらけっこう簡単そうなので、アレンジ加えながらミニアイロン台作成です。

【材料】

・作りたいサイズのネット(百均調達)
・厚紙(カルトナージュ用のを使いましたがなんでもOK)
・ドミット芯やキルト芯、フェルトシートなど。(作りたいサイズ×3〜5枚くらい取れる量)
・コルクシート(なければボール紙や厚紙で代用可能)
・好みの布
・好きな紙(なくてもOK)
・水張りテープ
・ボンド、両面テープ、水張りに使う刷毛や水など

【作り方】

1.ネットをあてて厚紙をカットする。

2.ドミット芯やフェルトをカット。一枚だけくるむ用に大きめに
大きめにカットします。

3.コルク芯はネットに合わせてカットします。

4.厚紙に好きな紙を貼ります。ボンドを水で伸ばすようにして
貼ります。

;

5.下から表布、大きめ芯材(フェルトorドミット芯)、
ジャスト芯材、コルク、ネット、厚紙の順で重ねて、両面テークで
各辺の中央から引っ張るように貼っていきます。

6.水張りテープで布の切り口を覆うように貼って完成。

布を貼るとき、対角線に貼っていくとバランスよく貼れます。

思っていたよりちゃんと出来ました。

これをリビング片隅のマガジンラックに突っ込んで、使いたい時に気軽に出そうと思います。

好きな布でいくつか作る方はインテリアの額代わりでもいいかもしれないですね。水張りテープも白以外にクラフトっぽいブラウンや黒や緑、色々な色があって好きにカスタマイズ出来ます。 

 

▲So+La. トップへ

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

JUGEMテーマ:アート・デザイン
COMMENT









Trackback URL
http://slow.ku-jin.com/trackback/1271844
TRACKBACK