手仕事から生まれるゆっくりとした時間を過ごす生活を、ハンドメイドや料理などと共に紹介。
都会の片隅で出来る、簡単スローライフ。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< トマトとルッコラとモッツアレラの冷製カッペリーニ | main | ワイシャツからリメイクワンピースとモンキーパンツ >>
エビとインゲンの塩炒め




エビとインゲンの塩炒め


エビとインゲンで塩炒めです。

塩だけでシンプルでもいいし、中華スープを少し加えてもこくが出ます。













  ○材料(2人前) エビ…5〜8尾

インゲン…一束

人参…1/4本

ニンニク…ひとかけ

うずらのたまご…5〜6個(水煮のカンヅメやパックも可)

中華だし…(任意)

塩…少々

プラックペッパー…少々

酒…大さじ2〜3杯

  ○作り方 1.エビは殻を剥き、背わたと尾をとります。

2.インゲンをざく切り、人参を短冊、もしくは千切りにします。

3.ニンニクを刻み、熱したフライパンで軽く炒め、続いてエビを入れます。エビが軽く色づいたらお酒を入れ、少し炒めた後、残りの野菜を入れます。

4中華スープを入れる場合はここで入れます。顆粒を使う場合は水も少し足します。スープを使わない場合も100CCくらい水を入れ、そこにうずらを入れます。

5.塩とブラックペッパーで味を整えます。


赤穂の塩を使っています。

うずらは個人的な趣味です。

同じ塩炒めでも白菜など使う場合は、野菜から水が出るので水を加えなくても味がまんべんなく、焦げ付かずに広がります。

お酒は魚介類の調理には殆ど使います。

臭みとやわらかさ対策にいいんですね。

これも私の趣味ですが、中華風には紹興酒、日本料理には日本酒を使ったりします。

日本酒のときもできれば合成清酒ではなく、清酒がお勧めです。





▲Slowlife-SORA トップへ

























COMMENT









Trackback URL
http://slow.ku-jin.com/trackback/721453
TRACKBACK